読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

卑怯なコウモリ

日本人フィギュア選手がSNSで「日本海」表記、韓国ファンから猛非難受け“訂正”もネットの怒りは収まらず

http://www.recordchina.co.jp/a163985.html

韓国の「東海(トンヘ)」の名を使わず「日本海」としたことに抗議の声が上がったのだ。

村元選手は該当の写真を削除、後に釈明のメッセージを盛り込んだ写真を掲載した。写真には「im sorry for the misunderstanding.the beautiful east sea!!(誤解してごめんなさい。美しい東海!!)」と英文のメッセージが書かれていた

----------

イソップ寓話の「卑怯なコウモリ」を思い出します。

-----

昔々、獣の一族と鳥の一族が戦争をしていた。 その様子を見ていたずる賢い一羽のコウモリは、獣の一族が有利になると獣たちの前に姿を現し、「私は全身に毛が生えているから、獣の仲間です。」と言った。鳥の一族が有利になると鳥たちの前に姿を現し、「私は羽があるから、鳥の仲間です。」と言った。

その後、鳥と獣が和解したことで戦争が終わったが、幾度もの寝返りを繰り返し、双方にいい顔をしたコウモリは、鳥からも獣からも嫌われ仲間はずれにされてしまう。

双方から追いやられて居場所のなくなったコウモリは、やがて暗い洞窟の中へ身を潜め、夜だけ飛んでくるようになった

-----

二股云々以前の問題で、関係ない戦争には混ざらないのが一番という教訓を残しました

広告を非表示にする