読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毒吐きと健気 の 自分用記録

じゃ、毒吐いてから健気はきまーす。

毒が嫌いな人、健気嫌い、逃げてーー!

あの場所にいて純愛かたるなっつーの。

毒入り知ってて近づくんでしょ?

知らなかったの…なんて、ウソだよね?

毒を味わえちゃう味蕾、あなた、

人より多分に持ってますから。

愛してる。

だけじゃ物足りないんでしょ?

スキダヨ。アイシテル。という戯言に、

快感や刺激だけじゃ飽き足らず、

切なさ、苦しさまでをも欲してるんでしょう?

蜘蛛の糸に引っかかった蝶…?

うーうん。

違うでしょう?

あなたもまた、蜘蛛なんだよ。

例えば書き終わった文章から、

いくつかの単語を書き直し、

あるいは消して、

蜘蛛の糸を広げているんでしょ?

そして、

あなたの毒は もう少しレベルが高い。

綺麗事という真っ黒につぶれる漢字の裏に、

黒い、ダレか宛のメッセージを隠す。

気づかないみなさん。

本当にお幸せそうで何より。心から。

気づいててあえて、のみなさん。

なんて毒々しい。

素敵です。大好きです。

アイシテマス。

以上全文 ワタシ へ

. 私より

次、健気いきまーす↓

私、ほんとの気持ちは

冗談と毒に込めちゃう。

悲しい時に笑ったりしてみる。

サヨナラと言う、

あなたの顔が辛そうだったら、

図々しくも、傷ついた顔をしていたら、

きっと私は精一杯笑う。

平気だよ!って言う。

だって何にも傷ついてないから(笑)って。

すぐに次の人探すよ?(笑)って。

むしろ先のないお遊びに巻き込んで…

ワタシの方こそごめんね? って。

こんな時LINEて便利だね。

泣いてる顔も見られない。

しゃくりあげる声も聞かれることなく、

笑顔の、楽しげなスタンプを送る。

画面に流れてゆく私の話し言葉は、

最後の会話とは思えないような… 柔らかく笑い、

大丈夫だよ、平気だよ、バイバイ。…楽しげなスタンプ。 元気で明るく毒づく、ちょっと軽そうな、

いつも通りのワタシ。

この、滑稽な剥離に、

たまに自身が引き裂かれそうになるから、

ここに、私の純愛のカタチを吐き出していく。

そしてまた、毒をかぶって戻るの。

私の中に純愛なんていうものはないから。

バイバイ。

またね。