読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

再掲…カモメウィング?(Tウィング)の原理と、アソコがダメな理由

再掲します。

某雑誌に出ていた(74P)ウルトラシフター…いいですね。

86用らしいけど、シーケンシャルの動きになるので、良さげ。

ノーマルミッションにも対応らしい。

ネットで調べたら140,000円らしいです。

もし付くならMR-S用に欲しい(笑)。

111レビンの6速ミッションに中身を換えて(笑)。

31スイフト用には国内ではありましたね。

今朝、YouTubeロータス(本物の方)の前足がプルロッドサス時代の車体に積まれた、いすずV12のテストの映像が流れていました。

積まれてから一発でかかり、走る走る(笑)。

実戦に出ていたら、速かったのかも…

音もめっちゃいい♪

何故、参戦しなかったのか…

少なくともザクスピードヤマハやスバルの水平対抗のよりは活躍していたでしょう(笑)。

そうそう…

F1のカモメみたいなTウィング。リヤウィング前に付いているアレ。

多分、リヤウィング上面辺りの空気通過速度を上げるか、当たる時に乱れていない空気を当てるんだと思います。

上面に当たる高さだと、乱流のままウィングに当たります。

だから、高めに付いている。

F1のテストが始まりました。

某国産メーカー…いきなりのトラブル。

原因はオイルタンクの形状らしい。

そういえば、何故ダメなんだと聞いた事があります。

とあるMR-S乗りの方に。

週休2日、9時5時出勤らしい。

対するパリダカで強い某トラックメーカー…

1馬力10万出るとか…

ニンジンが必要なんだと思います(笑)。

だから、本当は最初から期待してはいませんでした。

多分、こんな感じで今年も終わるのかもしれませんね。

メルセデスの足って、どうなっているのでしょうか?

2年前の写真を最近の足で見ましたが、しなやか部分はトーションバーが受け持ち、あるところの荷重からヒーブダンパーが受け持つとか。

ヒーブダンパーのメーカーによると、ロールと通常のストロークの完全独立した足はWECのポルシェだけだとありました。

FRICみたいなモノは、ヒーブダンパーに繋いであるのかな?

あれは、レーキ角の調整用ってある…

でも、案に上がっていた、アクティブサスはダメだよな〜

更につまらなくなる。