読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

福岡県、じゃじゃ馬娘の銀千代

道雪には子がいなかった

年老いた頃、彼は孤児の銀千代を

自分の子として引き取った

銀千代にはすべての武芸を教えた

道雪が死去した後、銀千代は夫宗茂と結婚し

しかし

銀千代は子ができないことを理由に

悲しいことに

城外に追い出された

その時の様子は

口から火を吐いたというくらい

恐ろしく恨みがこもっていたと言われている

そこでまず話が変わりますが

失言に対しての対応についていいたい!

悔しくて仕方ないから訴えているんです!

誰もわかってくれなくて辛いんです。

惑わすような情報に騙されないでください。

ちゃんと最後まで話を聞かないとダメです。

怒った人も、泣いた人も、辛くて辛くて

正義感の塊です!

偏見が彼らの勇気を見つけることができなかった理由なら、そんな平和ボケした奴ら全員が大うつけだよ!

話を戻します

その後、島津藩が優勢になり

九州の様子は変わっていった。。。

その後、1,600年9月15日に関ヶ原の戦い

起こる

それと同じく福岡でも合戦が起こる

その際、銀千代は海周りを護る完璧な包囲網を

打ち立てて、敵は一切近づくことが出来なかった

その後夫宗茂

銀千代の夫は

大名の座を追われる

その後銀千代の早すぎる死去。

その後の宗茂と銀千代の愛の話については

あまり好きじゃないし、話したくもない。

しかし、どうして、彼女たちが徳川に付かなかったのかについては本当に気になる!

更に、黒田官兵衛が徳川派であり、熊本にお城を作り、又その後の天草四郎の話なども

ワクワクしますね。

戦国時代、アイシテマス!

そんときの歴史が一番面白い!

ちなみに、ひとり挙げるなら織田信長の話のオタです。