読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

編集 短歌?狂歌?和歌?

編集 短歌?狂歌?和歌?

○梅にぎり長野も春か馬の尻

1/6編集

10:35

○握りめし長野も春か馬の尻

10:36

○あの夏の心を満たす村で見た葡萄の瞳君カフェテラス

22:29

○心を満たす葡萄と君の瞳を見たあの夏のカフェテラス

22:29

1/7

○初桜モリモリ城もあらしかな

8:04

○モリモリと桜や城もいずこかに

8:05

○こんにゃくを手に切り餅と戻りけり

8:17

チョコバナナ手に切り餅と戻りけり

いいかな?

○だしぱなし脱ぎぱなしの娘らの裏返しみて洗濯しぱなし

○あげまんぢう食べて大石お陰げありママあそこいい彼も大好き

○加奈子よび語るはもののアハレとはふんどし締め付けよくよく聞かせる

○しめ縄をねじりはさんで闇に月岩戸も太く夫婦睦まじ

○ここかけて息子のお願いドアノブに握り開いてピカチュウマンション

○初めてのたこ焼きパーティうちでしてねえそこいれて大きすぎでしょ

○岩窟の高天原の妻むすめ照らすは久し夫婦コトビク

○見なくても見てもなくてもそこにある天照し見るうるわしの君

○雲晴れてまた煙りたつ雲間から振り分け結ぶ国引きの神

○神田にて我を見捨てた江戸人がシャレのわかるひとでよかった

○熱が出て内にふるえてみる空にタケミカヅチと寝るその夜に

クシナダの夫婦椿を映し見てともに八重垣みる八重の花

○男性の太き柱をなであげて二本目なでたら娘らプーさん

○真っ黒なアワビはとっても最高級さあここに来て舐めてみてやる

○廣峰の姫路の口に手を合わせコッソリ自分の願いを話せる

○寝づに待つ奥は明けるか白白と今一度どまた燃ゆる火をみる

春日大社

○手を合わす前にお空を仰ぎみてこの清々しさけふなればこそ

○着飾りし皆の後ろをでろでろとうつくしの君に合わす顔なし

○ひとは柴犬をみて思うゆえに人は我にかまい居たくなる所以

○その声にいつも心が奮いたち我が身をひとり結ぶ庵に

○運命といえど互いにこの距離のかなしく春の花のゆくへを

○この年は曙覧の歌に鍛えられ秋行く月を惜しむ君かな

○のどかなる心の朝に花みれば出逢いし頃のふれる望月

◯紀の浦の浪打つ下も緩かに心に浮かぶ山の端の月

○メロディをつくりし君のなかなかに心の色を越えて出逢うは

○切れ長のここらにおらん顔だよね見てればわかるさオラの目タレてる

おはよー

8:43これは編集できるのするように

○おそらくはただぼんやりと考えてわがこの橋をゆけばゆくほど

○さびしさに立つまつ桜うめなれど今宵の春はひとり望月

○身はおちて三千世界大中小老いて山路もまた雪の中

鎌足も花に迷うて御仏の社の春もさびしくもあり

2/5春の社も

8:48

○きょうかほど春の桜も散るべきはあすかきょうかもむかしむかしの

○なでしこのパイセンヘアーを振り乱し責められつかれゴール丸見え

○花道の市川の瀬のながれ行くきょうかもあすもつらし春風

○乳輪と乳首が黒いニュースみた心配御無用たまたま黒い

狂歌?(笑)

スサノオの立ちクシナダの繰り返す太刀オロチ斬る草薙の太刀

2/5

8:51

スサノオの太刀クシナダの前に立ち太刀オロチ斬る草薙の太刀

8:52

寝起きに一発編集の割に

オロチから姫を守るの前より分かりやすくなったかな?

あとちょっとエッチを残し愛してるを

ハニーバナナ

バター

2/5 20:12編集してたら出来た

○国の分けて譲りし国の出づるその八重垣めぐり花も実をつく

20:18これもソッコーできた(笑)

○大石もつるりと見れば亀の首長くも太くなりますように アハハハハハなんのねがいだよw大石喜内

○雨の色を月の光にかさねれば星長き世に声遠ざかる