読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

17. 4.21金 けみかる・らいんず。

近鉄南大阪線に乗ったらば、自動放送が導入されてた。行き先(吉野行き)とか種別(急行)とか注意(携帯でしゃべんな)とか。奈良線に自動放送が入って半年くらいか。まさか、南大阪線にまで入るとは。

関東の列車内の自動放送はどの会社でもおんなじシステムだけど(JR系と私鉄・メトロ系の2種類?)、関西の自動放送は会社ごとに違うシステムを入れてる。JR、京阪、近鉄、そもそも声からして違う。

関東は車両自体も共通仕様のんをちょっとカスタマイズするだけ。関西はそんなことはまあしなくて、各社が車両の快適さや洗練さをはげしく競い合う(南海は関東共通仕様のんを入れてきてるけど)。

そういうところが関西の鉄道のハイレベルなサービス(ダイヤ、車両、駅設備、接客)の源泉のひとつになってる。関東の鉄道なんてJRでも私鉄でも、関西人からしたらば社会主義国国鉄級のろくでもないサービスしかしてないものな。

いっぽうで関西の 各社ばらばら は、高コスト体質に繋がってもいるのだけれど。