読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

実家でお花見

GWに親の実家に帰るのは15年振りくらいかな。

父の49日の法要が気候の良いGWに当たるとは何とも有難いことです。

門から玄関へ向かうアプローチの両サイドに植えてあるツツジはもうピークを越えていたのが残念!

枯れた花を摘む仕事を引き受け、数時間、鶯の声を聴きながらの作業をしました。

ツツジがダメでも今年は藤の花が例年になく満開で、集まった親戚の目を楽しませてくれました。

写真右は蘇鉄の木に寄生した、野生の蘭です。

地味な色ながら、蘭の気品をまとって咲いていました。

この家も庭も昔からあって、これからもずっとあり続けると思っていたけど、独り住む母が亡くなったら手放すことになりそう。

惜しいなぁ・・・

広告を非表示にする